【CanonFT QLレビュー】フィルムカメラで季節の花を撮りました。 

スポンサーリンク
目次

思いつきのフィルムカメラ撮影

今年の梅の季節
去年は撮り損ねてたので、今年は撮りいこうと思っていました。
妻も家族で見にいきたいのとこで、家族で一番近い梅林に行ってきました。
でも、普通に撮りにいくものなんかなぁと思い、ふと思いついたのが、
『フィルムカメラで撮ろう』でした。
そして、うちに眠っていたフィルムカメラを出して撮影に臨みました。

使用機材紹介

Canon FT QL

ボタン電池で使える露出計付の機械式のフィルムカメラです。
父からもらいましたが、もともとは祖父のカメラだったそうで。
完全機械式なので露出、フォーカス、フィルムの巻上げすべて手動です。
フィルムカメラの中でも手間がかかる部類のカメラですね。

画像

FD35-70mmf2.8-3.5s.s.c

こちらは父から借りた物で比較的に描写のいいズームレンズでマクロ撮影も一応できます。
かなり前に、父のCanonA-1というカメラとセットで借りたことがあったので、レンズの性能の良さはなんとなく覚えていました。

画像
ちなみに今回使用したフィルムはこちら

梅林公園へ

いざ公園についたら、まだ見頃には早かったようで、ちらほら咲いている程度でした。
それでもそれなり人がいたので、ホントの見頃だとめっちゃ混んでたでしょう。
全く咲いていないというわけではないので、撮影は出来ますし、感染症予防的にも今で良かったかもしれないですね。

画像
よく行く梅林公園
画像
ピント合わせはちょっと大変でしたね。
画像
娘は途中で寝てしまった。
画像
画像
画像

久方ぶりにフィルムカメラを使ってみて

撮影のときはもちろん、フィルムカメラなので出来をその場で確認でないので、正直、そこまで期待してませんでした。
とりあえず、ちゃんと写ってていつもとすこし違う雰囲気の写真になれば、それでいいかなくらい。
でも、実際の出来栄えはかなり良く。
『あれ、こんなによかったっけ?!』
と衝撃を受けました。
たぶん直近で使ったフィルムカメラが写ルンですだったので、そのイメージが先行してしまったんですね。
梅の見頃を撮れてはいませんが、それでも想像遥かに超える出来栄えで、満足度の高い一日となりました。
フィルムカメラ熱が再燃してきてそうです。

画像
このときのベストショット
妻も気に入ってくれてて
彼女曰く僕らしい写真とのこと

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次